自転車保険に入った方がいいの?

自転車保険にわざわざ入る必要があるのか、
という疑問を持っている方は多いかも知れません。
特に自転車保険といサービスは自動車の保険よりも
後に登場したものなので、今の親世代の方などは馴染みが
まったくなく「そんなものは要らない」と思う方も多いでしょう。

 

しかし、自転車の交通事故というのは実はとても多く、
年間の交通事故の約15パーセントを占めています。

 

つまり交通事故のうち約6件に1件は自転車によるものなのです。
このような現実を見ていたら、自転車保険に入ることの必要性が理解できるでしょう。

 

自転車保険とはどんな内容なのか

これは自動車の保険とまったく同じと思ってもらえれば大丈夫です。
それよりも保険料がもっと安くなり、補償金額などももっと小さくなっているというものです。
死亡時の保証はもちろん、負傷した場合や物損事故を起こした場合など、
ありとあらゆる場面で自動車と同じように保証を受けることができます
(具体的な内容は、その自転車保険を提供する会社によってケース・バイ・ケースです)。

自転車保険に入った方がいい理由

自転車保険に入るべき理由は上にも書いた通りですが、
自転車事故の数は意外に多いだけではなく、その内容も深刻なのです。
たとえば過去にあった自転車事故の高額判決では、
9500万円の賠償が命令されたというケースがありました。

 

それは小学生の子供が自転車で女性をはねてしまい、
女性が意識不明の重体になったという事件でした。
裁判所は子供の母親に対して、自転車の運転の指導が
不十分だったとして、9500万円の賠償を命じたのです。
ほぼ1億円というとんでもない金額ですが、自転車事故でこのような
一生を台無しにしてしまうような事件も起きるのです。

自転車保険に入ることによって、より注意深くなる

自転車保険に入る本当の目的は、このような事故が起きた時の保証ではなく、
そもそも自転車事故を起こさないことです。
その点自転車保険に入るという準備をした時点で、その人の中には自転車は
事故を起こすかも知れないという注意が常につきまとっており、
何も準備していない人よりも自転車事故は起きにくくなると考えていいでしょう。

 

そういう自転車事故を未然に予防するという点でも、
自転車保険に入ることには大きな意味とメリットがあるのです。
自転車保険はこちら